50代からのリフォーム 業者選びに「ホームプロ」がいい

50代からのリフォーム 業者選びに「ホームプロ」がいい

自慢だった家の サイディングも 屋根も 色あせて 屋根の
北側に至っては 苔のような物まで ビッシリ・・・
大規模な リフォームが必要だ さてどこに 見積もりしてもらう?

屋根のガルバニウム 軽量化による 耐震性のアップに いそうでいない
ガルバニウムに詳しい 業者 どうするリフォームの業者選び

しかも 地元での実績が 見られる業者
そんな時 ネットで知った リクルートや大阪ガス NTTなどの共同出資で出来た
「ホームプロ」 独自の 認定試験を通った(合格率は10%とか)

ちゃんとした業者 沢山の 実例 写真 商談の工程ごとに アドバイス資料の
メール受信 リフォーム選びのコツを ダウンロードも出来てかなり勉強になりました。

おかげで

外装 屋根など 外観を一新すると まるで新築のようになりました。

ホムプロで紹介してもらう前を 振り返ると 大変でした
新築の時 あれぼど 研究して ハウスメーカーを選んだり
素材を選んだはずなのに

リフォームのフタをあけると 手抜きでは無いにしても
驚くほど 傷んでいるし 呆れるほど 適当に済ませている個所が次々と

消費税前だから ということもあったけど 以前の新築ラッシュの
折に 建てた 人たちの リフォーム需要の 時期でもありました。

リフォーム ホームプロ

まず 誰に頼むのか 最初は ここからでした。
以前の 新築時に やったとおり 住宅展示場に行ってみました。

ところが 平日などいくと 「リフォーム相談会」などでもなければ
パートの素人おばちゃん?がお留守番してたり。

名だたる CMラッシュの 大手メーカーでも 非番が外注の人なの?
というくらい リアクションが薄い対応

なんでも 社内でも リフォーム部門は 別の部署なので 本社へ行ってくれ
というのです。 どこも場所だけ教えてくれました。

散々な対応 駆け込み需要の 真っ只中 露骨にめんどくさいという顔をするものも・・
というのも あのメーカーが いうか? というセリフ

「相見積ですか? (ちぇっ と舌打ち)」 どうやら 彼らの言う 「・・・忘れました あっOBです;;」
つまり 新築時に獲得した大量の お客さんがすでに いる

(逆に自分たちが建築した物件は、リフォームの時に下請けの手抜きが発覚して追加費用が

いるときに 料金を取りづらいので 避けている メーカーもいるとか)

忙しいので 今から 相見積なんて 見積もりって大変なんスよ と言わんばかり。

リフォーム ホームプロ

「ホームプロ」さんの 最初のアクションから お話すると
まず サイトに入って どんなところを リフォームしたいか 書いて 自分の情報を
書いていきます。

二~三日で 1件また1件と 専用ページに 業者から メールが着信します。
専用のページなので 各社に一斉送信したり

お断りボタンから メールすると もうメールすら来なくすることも出来ます。
どうやら 内容を見て 業者が名乗り出たり 手を上げたり 指名したり?
そんな感じですか  当日即 是非にやらせて下さいと 地元大手のリフォーム担当
さんから メールがあったのには 驚きでした。

マンション ボコボコ 乱立させるほどの 会社ですから。

「ホームプロ」さんには 申し訳ないけど やはり何年も 前からリフォームするなら
声かけてね と お願いされている 知人や 建てた業者 にも声だけはかけないと・・

そんなこんなで 七社に合うことに なりました。

「ホームプロ」さんに 予算を伝える ために たたき台にして申し訳なかった業者さんもいます。
知人からの押し付けで 通らねば ならぬ 声掛けでもあったので。

それでも 当初予算の5割増しにはなりました。
塗りから 葺き替えになったり したので ここで 業者さんとの 最低限の
専門用語 を 知るために 

別の記事の 建築用語がわかる本 | プロとリフォームの打ち合わせの言葉が解るも お世話になったのですが。

さずがは「ホームプロ」さん経由の 業者さんだけが 一度目の 「現地調査」の後
次に 見積もりを持ってくる 日にちを 約束して帰りました。

他の業者さんは 必ず「でき次第持ってきます」 長いところで 1ケ月半かかりました。
ホームプロさんは リフォームの見積は 大体 1周間以内でした。

このリフォームのお話 長くなるので 一つの専用ブログを立ち上げようかと
思っています。

動画で ガルバニウムの種類別 施工別 音の問題を 実験撮影して アップするつもり
なんです。
ずいぶん悩みましたから 

ガルバニウムは 素材の種類より 誰が施工するか? この差も大きい
七社で 7種類の施工方法の提案が ありました。

何故に 安っぽいのか 縦葺き 横葺きの 違い
職人の足あとが 2年も消えてない 家があるのはなぜ?

気温とともに フニャフニャに シワが出来る 屋根と そうでない家の
ガルバニウムの 厚みの謎 (結果 0.4mm 施工 垂木で中空にしないと 絶対ピンとしてる)

さて 施工の最中に 1000枚も写真を撮りました。
個人の家では 施工図まで書かないので 土の壁の下地は どう というものを残したいので
新築時も そうしました。

そんな中から また 記事をアップします。

50万人が利用!利用者数No.1のリフォーム会社選びサイト「ホームプロ」

結局 匿名とは いっても 最初から 現地調査にこさせてもらえないと
大きな リフォームに 見積が欲しいといっても 無理な話です。

候補に上げてくれた 業者さんの ホームページや 地元でも実績数 ランキング
施工例 など 見ながら これはというところに 「ホームプロ」さんの リフォームのコツを学びながら
連絡を取ってみてください。

リフォームの途中で 仮に 業者が倒産しても 「ホームプロ」経由で 所定の
画面で 所定の方法で 業者に 発注すれば 「予定通り完成させてくれる保険が付きます」

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。