自宅スタジオ

自宅で始める 人物全身撮影に必要なスペースと機材

セカンドライフに 趣味と実益を兼ねた プチ起業に カメラライフはいかが?

写真で 副業 自宅マイスタジオに どんな機材と スペースが必要か。

Stock photo ストックフォト という アマチュアでも 写真が
売れる 登録制 フォト販売サイトが世界にある

日本ではPIXTA(ピクスタ)
PIXTAが 現在 アマチュアに年間1000万の 売上をもたらす
実績から トップクラスの ストックフォトといえると 思います。

やはり 一番売れ筋は 人物写真

これを チャレンジするとなると 貸しスタジオに モデルという
ことに なるのですが。

自宅などの スペースで 半身ならどうにか なるのではないかと思います。

ペットや 子供さんなど 屋外でも結構ですし
物撮り といって 静物や 料理などの写真なども 人気なようです。



高品質写真素材

イラスト素材【PIXTA】

画像素材【PIXTA】



とりあえず スタジオ機材など 取り扱う 物も確か
情報も 参考にサイトの ご紹介

プロ機材のネットショップ

このブログは 自分の お気に入り ブックマーク的な
存在でもあるので 忘れないように
トップページのサムネイルを ちょっとコピペさせていただきました。

スタジオ・キットライト|キットライト

なかなか 自宅で 探せるスペースでは無いのですが。
簡易的に 壁に 白い布 を貼るだけで 6畳 8畳で クリップオンストロボで
名を馳せた クリエイターもいらっしゃるので あくまで 理想的な環境と機材を
勉強するのにも 役に立ちますね。

プロ御用達の 「GIN-ICHI」のネットショップ
撮影シーン毎の 機材紹介 ページが 必要機材の参考になります。

なかなか 手が出ない 金額になるんですけど。
貸し出し機材もあるようなので。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。