短縮URLを簡単に作成 アドオン TWurl URL短縮 | ChromeMUSE

短縮URLを簡単に作成 アドオン TWurl URL短縮 | ChromeMUSE

QRコード付きTWurl URL短縮/エクスパンダ

(TWurl Url Shortener/Expander with QR codes)

 バーコードまで表示

WordPressにしてから、パーマリンクに 日本語を採用してきたけど

Tweet したり リンクを貼るのに とにかくURLが長い・・

今までは、短縮サービスサイトにアクセスして 短縮後 コピペ

これは面倒と WordPressの プラグインで 探していたら

Google Chrome (ブラウザ)の 拡張機能で ChromeMUSE とかが

チラホラ 出てくるので 


Google Chrome の ツールバーの Chrome ウェブストア をクリック

左上の 「クロームウェブストア」に ChromeMUSE と入力すると

QRコード付きTWurl URL短縮/エクスパンダ (翻訳後)

が出てきた

なんで? 口コミからは 後継のツールの感触が・・・?

それで なんとなく 使い方を 色々やってみると

URL の表示 入力欄に 何やら 新しい ボタンが

短縮URL サービス 拡張機能

Cという文字が 2つくっついた感じの マーク

設定後に そこを クリックで 自分が選んだ 短縮コードサービス

の名前が

いつも使っている Goo.gl を選ぶと 簡単に 短縮 コードが表示され

アクティブになっているので コピーするだけ

google 短縮 URL

しかも 短縮サービスによっては バーコード も 表示される

バーコードと 短縮URL

上は、この記事用に tinyw を選んだ時 というより

デフォルトの短縮サービスだったかも

設定は

この アイコンの右クリックからも出来るようですが

URL 短縮 プラグイン アドオン

設定 Twurl

 詳しい 設定は まだ やっていません とにかく 短縮URLが簡単で

正確に 展開 リンクできていればいいので

ただし この アドオン

インストール時に 

アドオン 警告

 このような エラーを報告されているので ご検証の上 使ったほうがいいのかも

ちなみに 翻訳は 「認められていない明らかなキー『128』。」

暗号化の鍵 ビット数のことでしょうか?

私の 使うものの中に もっと多くの エラーを出している アドオンもあります。

Unrecognized manifest key ‘128’.

認められていない明らかなキー『128』。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。